231 Front Street, Lahaina, HI 96761 info@givingpress.com 808.123.4567

クレジットカードは便利なゆえに…

クレジットカードの所持率が増えていて、さまざまなところで役立てている人が多いです。ネットショッピングに便利ですし、ポイントが付く、キャッシング機能もあると安心感があります。
クレジットカードの審査は怖くない!基準を知り対策をすればクレカは作れます!
ただ、便利なだけに使いすぎてしまうといったマイナス点もあり、クレジットカードの金利は高く設定されている場合が多く、そのまま返済を続けると利息分の支払いがもったいないと感じるかもしれません。
ショッピングリボやキャッシングで借金が増えた場合、方法を知っておくと役立ちます。クレジットカードのキャッシングやショッピングリボなどは金利が高く、利息分の支払いを考えると、安いところで一度に借りて早めに返済してしまった方が総合的な支払いが少なくなります。

一般的な利用ならば、利用しても大きな影響を及ぼす恐れは一切ありません。しかし、滞納させてしまった時は大きな影響を及ぼすので、気を付けないといけません。
まず、個人の信用情報に悪い影響を及ぼしてしまって、今後クレジットカードを利用できなくなる恐れが出てきます。そうなると、その他のローンに申込を行ってもお金を借りる事ができない為、困難な状況が発生してしまいます。その他にも利用限度額が減額もしくは融資ができない状況を作り出される恐れも出てきます。滞納によって、深刻な事態を生み出すので、クレジットカードのキャッシングを検討している方は慎重に利用しなくてはいけません。
滞納を避けるには、計画的な返済を実現する事が求められてきます。その人によって収入などが全然違っているので、無理な返済を実施してしまうと仕事や生活に悪い影響を及ぼします。しかし、計画的な返済を実施できれば無理なくお金を返していく事が可能なので、滞納などの事態も事前に避けられます。
通常の利用ならば融資に悪い影響を及ぼしませんが、滞納やトラブルを引き起こした時は悪い影響を及ぼすので、気を付ける事が必要です。

そこでおすすめがその前におまとめローンを利用する事です。こちらは金融機関が提供している商品で、特徴は金利がやや低いところです。そういった目的でおまとめローンを利用しますが、一か所からまとめて多額を借り入れるので審査が厳しく、人によっては申請が通らない場合が出てきます。ただし、金融機関によって審査条件が異なるので、幾つかに申し込むと通る場合もあるはずです。

借金 まとめてローンの審査ポイント

2010年に貸金業法改訂がされ、多重債務者の返済を助ける措置としておまとめローンが誕生しました。
だから、おまとめローンの歴史は浅いのですが、このローンを利用して借金を1つにまとめた人が大勢います。

おまとめローンというと複数の借金がある人なら誰でも審査に通るようなイメージを持たれるかもしれませんが、おまとめローンに申込みすると必ず審査があるので、当然落ちる人もいます。
ですから、申込みする前に審査に通るように審査対策をする必要があるので、おまとめローン審査のポイントを抑えておきましょう。

【勤続年数】
勤続年数は長いほど有利になり、短いと審査に落ちるポイントになってしまいます。
審査に通るためには安定した収入があることが大切なので、少なくても1年以上の勤続年数は必要になります。
またおまとめローンに通りやすいのは25歳から35歳で、それ以上歳をとっている場合だと不利になるため、おまとめローン審査に落ちてしまった人は年齢が基準を満たしていない場合もあります。

【多重申込み】
おまとめローン審査に通りたい人の中に数うちゃ当たるだろうと短期間のうちに複数の業者に申込みをする人もいますが、その情報は信用情報機関に掲載され要注意人物として判断されてしまいます。
1か月に3社以上の申込みをすると危険な状態になり、申込み履歴は6ヶ月掲載されるので、この間は審査に通ることが難しくなります。

【借入件数】
複数ある借金を1つにまとめるのがおまとめローンなのですが、他社からの借入が3社までなら融資の可能性もありますが、5社以上になるとその時点でアウトになる事が多いです。
5社以上の借入がある場合には、まだ限度額に余裕があるところからお金を借りて、借金額が少ないところを完済し、少しでも借入件数は減らしましょう。
そういった返済実績は評価されるので、借入件数を減らすことが重要になってきます。
またおまとめローンは借入総額よりも借入件数の方が重視されるので、借金総額200万円があっても100万円を2社から借りているAさんと、50万円を4社から借りているBさんだったら、Aさんの方が信用度は高くなります。

【事故情報】
過去に3か月以上の遅延があったり、不払い、債務整理などを行っている場合には事故情報として信用情報に掲載されてしまいます。
事故情報は5~10年保存されるため、この期間は審査を申し込んでもまず審査に通るのは無理だと思っておいた方がいいでしょう。

以上のようなポイントがクリアできない場合には、その原因を取り除いてから、おまとめローン審査を申し込むと良いでしょう。

任意整理の時に所有する不動産の扱い方とは

任意整理をする時は借金をなくす代わりに所有する財産を没収されるため、家などの不動産は対象になるため注意が必要です。
借金問題を解決する場合は金額や状況に応じて最適な方法を選択し、今後の生活に影響が出ないように弁護士と相談して流れを決める必要があります。
任意整理は不動産を売却してから借金を減らしてすると競売にかけられる心配がなく、物件を高く売ると残高を減らせるため効果的です。
借金が増えすぎて所有する不動産を手放すかどうか悩むことは多いですが、最適な解決方法を探して今後の生活を改善するきっかけをつかむことが求められます。

任意整理の時に所有する不動産の扱い方は借金の請求を止める代わりに没収され、競売にかけられると評価額が安くなるため不動産売却をしてから実行することを考える方法が望ましいです。
借金問題は様々な方法で解決ができますが、なくす代わりに様々な条件があるため疑問点があれば事前に弁護士に相談すると安心できます。
所有する住宅物件は家族がいれば生活をするために必要不可欠のため手放せなしにくく、売却をする時は一時的に賃貸物件を借りるなど臨機応変に対処すると効果的です。
任意整理をする時は流れを確かめ、今後の生活を改善できるように段取りを決める必要があります。

破産の決定による生活の立て直しと制限について

破産は債務に対する支払い能力が無いことを法的に認めた状態を指し、支払い義務が消失するのが大きな特徴です。
裁判所によって破産の可否が決定されるため、法律に基づいた厳格な手続きが必要になります。
手続きは複雑で記載漏れなどのミスがあると受理されないことから、弁護士などの専門家に代行を依頼するのが一般的な方法です。
破産は債務への支払いによって圧迫された生活を立て直す目的で行うので、ギャンブルや浪費などによる散財に対しては破産の決定が下されない点を注意する必要があります。
また、裁判所から決定されると官報に事の詳細が記載される他、一部の業種への就業が制限されたり資産が差し押さえられることがあります。
更に住所の変更を行う場合は裁判所の許可が必要になったり、破産後に新たな融資の申し込みが出来なくなるなど多くの制限が課せられるので手続きを行う際は生活設計を考慮したうえで慎重に判断します。
債務整理は生活を立て直すことが目的なので、自身の生活様式や従事している仕事に適した方法を選択することが早期の問題解消に繋がります。
そのため、専門科と相談したうえで最も負担がかからずに問題を解消できる方法を選ぶことが大切です。

破産手続を開始するとどうなるの?

安定した収入がなく、借金がかさんで返済が不可能な状況にあるというときは自己破産をおすすめします。
自己破産をすると借金が消えるので生活が楽になります。
また、取り立ての電話や督促状がこなくなるので穏やかに暮らすことが可能になります。
もっともデメリットが全く無いわけではありません。
信用情報に自己破産をしたことが書かれてしまうので、どこの金融機関に借金を申し込んでも断られます。
またクレジットカードの新規作成も拒否されます。
信用情報は最大でも10年すると消去されますが、金融機関によっては社内で事故情報を保存し続けており10年たってもお金を貸してくれないこともあります。
とは言え、お金が返せず生活が厳しい状況に比べればマシですから、思い切って自己破産をしたほうがメリットが大きいです。
自己破産は裁判所に申し立てます。
申し立てを受け付けると裁判所は債務や財産の調査を行います。
この過程で財産がほとんどないことが判明し、全ての債権者が借金を精算しなくても良いと言った時は調査を続ける意味がありません。
こういた場合は廃止決定が行われます。
廃止決定がなされるとその時点で手続は終了です。
廃止決定の場合は手続が短期間で終わるという利点があります。

理解しておきたい自己破産と免責事由について

破産の申立てを実施したといって、絶対に借り入れ金が差し引きゼロになるとは断定できません。
裁判所が行なう免責の許可を得ることができなければ、借り入れ金は免除されないことになります。
自己破産を実行するわけは、免責許可を得るといっても良いほどキーポイントとなる意味を持つことから、破産者であれば、こちらの課題はとても気掛かりなところでしょう。
破産法には不許可事由というものがあり、端的に言ってしまうと、借金を免除することがふさわしくないとされる行為のことです。
しかし、この不許可事由に当て嵌まる破産だからといって、絶対に裁判所が許可をしないと言うことでもありません。借り入れた金銭は返済するというのが、通常であれば、あってほしい社会の姿勢であり決まり事です。
債務者の借り入れ金を免除したら、何よりも不利益をかぶる者は、債権者になります。
そのため、裁判所はそれぞれの債権者に対し考え方を述べる局面を与え、出された必要な関係資料や関係筋の考え方を受けて、免責許可の有る場合と無い場合を見定めていくことになります。
現実に行う実務上では、とりわけ害となる行為が起きない限り、かりに免責不許可事由に当て嵌まる場合であっても、裁判官の裁量に基づいて免責許可は下りているとのことです。

個人再生の手続きを行うと配偶者の信用情報に影響はあるのか

個人再生の手続きを行うと、信用情報に傷がつくといわれています。
それでは配偶者の信用情報はどうなるのでしょうか。
気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
結論から申しますが、夫婦のどちらか一方が個人再生を行っても、配偶者の信用情報に影響は全くありません。
信用情報に影響はないので、個人再生後もローンやキャッシングを利用する事が可能です。
ただし、新たに借入出来るのは配偶者のみです。
個人再生の手続きを行った個人に関しては、借金の完済から5年経過しなければ、新たに借入をする事が出来ません。ちなみに配偶者の信用情報に影響はありませんが、住宅ローンを利用するのは少しハードルが高くなります。
例えば、配偶者が専業主婦の場合は住宅ローンを組む事が出来ませんので、注意が必要です。
個人再生の手続きにはどれくらいの期間が必要になるのか気になりませんか?手続きが全て終わるまでには、4ヶ月から半年程度の期間が必要になるといわれています。
ちなみに手続きの際に再生委員が選任される場合と選任されない場合があります。
選任される場合は手続きにかかる期間が、選任されない場合よりも1ヶ月ほど長くなるといわれていますね。

非免責債権がある方は個人再生を検討しましょう

債務整理をしなければなら無いという方は非免責債権というフレーズをしっかりと覚えておく必要があります。
万が一、これに該当すると望んでいる債務整理が行えなくなる可能性があります。
では、この非免責債権とは一体、どのようなものかと言うと、ギャンブルや浪費によって減少させてしまった場合や詐欺的な借り入れを行って借り入れを行っていた場合、債務整理前にクレジットカードなどで現金化を図っていた場合などがこの非免責債権にあたります。
自己破産の様な債務をすべて帳消しにしてしまう様な法的な手続きの場合、これらの非免責債権が厳しくチェックされます。
もしも、これらの非免責債権に該当してしまっているという方は別の債務整理の手段を取る必要があります。
自己破産に次いで、債務を大きく減らす事が出来る手続きが個人再生です。
個人再生も自己破産同様に裁判所を介して法的な力を借りて、債務整理を行っていきます。
自己破産の様に債務のすべては帳消しにする事が出来ませんが、大きく減額はさせることが出来るので、多重債務に苦しんでいるという方が行いたい債務整理と言えます。
なお、この個人再生は先に挙げた非免責となる債権事項に該当している場合でも行う事が出来るので、万が一、該当しているという方も安心して手続きが行えます。

オートローンでの債務整理に関して

オートローンであっても、債務整理を行なう状況としてまずは返済に滞りを見せて返す事が出来ないお金の部分に関しては債務整理を適用出来る様であり、それこそオートローンなどの返済もやはり高額な契約となってしまう事から考える必要もあります。
高額な取引も金利を計算して請求する金融業者としても、やはり返済が滞る状況は一番困る事となります。
それぞれに債務整理などで借金問題を片付ける事が出来れば、まずは契約をしているオートローンに関しても、それぞれに金利を交渉して安くしてもらうなど考えられます。
金利を上手に取り扱う流れとしても、まずはオートローンに関しては、それぞれの条件に合わせて契約している金利などを安くしてもらう交渉を行ないます。
債務整理で裁判所に呼ばれて交渉をする債権者と債務者で、今後の返済に関する状況をしっかりと話し合い、そこで問題なく返済を続けていく為にやはり決められた計画の金利の下で支払を行う事となります。
そこでオートローンなど、借金として残しているものを債務整理での話し合いを行なう状況としても、やはりローンの返済を行う部分でしっかりと交渉を行ないます。
決められた金額で毎月の返済を行う流れとなります。

任意整理でお金が戻ってくるケースがある

任意整理を行うことによって、裁判所を通すことなく、毎月の借金の返済額を軽くして、新たな返済計画を立てることができるようになります。
また、任意整理を行うに当たって、負債の総額を再計算する際に、利息制限法以上の利息分をこれまで支払っていたという事実があった場合、払い過ぎていた分の利息分に関しては、返金請求をすることができるようになります。
利息というのは、利息制限法という法律によって定められているので、それ以上の利息を取るということは法律違反であり、返金請求には応じなければなりません。
このような手続きに関しては、通常は依頼した弁護士が行ってくれます。
まず、債権者から取引履歴の開示請求を行って、これまでのお金の取引履歴を集めます。
ついてもチェックをしていきます。
もし、そこで利息制限法に引っかかるようであれば、任意整理の交渉を行う際に、同時に過払い金請求をすることになります。
これにより、毎月の借金の返済額についてもさらに減額することが可能となり、借金の返済が楽になり、返済期間も短縮させることができるようになります。